名入れ紙袋の様々な活用法について

名入れ紙袋とは、紙袋に名前やロゴを印刷したものです。袋の紙の質やサイズ、手提げ用の紐、印刷の仕様など自分の好きなものを選んでオリジナル紙袋を作ることができます。製作費用を抑えたいのであれば、袋の紙の質のグレードを下げたりするなどして調節することも可能です。また、重いものを入れるのであれば、強度を高めるためにハトメ加工を施すこともできます。一時的なものでなく長く使えるものにするために、ラミネート加工を施したり、紙の代わりに不織布を使用するという方法もあります。手漉き和紙を用いることで、手作り感を出すという方法もあります。 印刷の種類についても、シンプルなモノトーンから美しいカラー印刷まで、好みや費用に応じて様々なプランから選ぶことができます。特に、ロゴを目立たせたり高級感を演出したい場合には、箔押し加工のオプションを選択することも可能です。文字サイズも小さなものから大きなものまで自由に選ぶことが可能です。 以上のように、自分だけのオリジナルの紙袋を作りたい場合には、名入れはとても有効的な方法と言えます。それでは、具体的にどのような場面で活用することができるのでしょうか。以下にその利用法を説明して行きたいと思います。

 名入れの紙袋は、引き出物や記念品などの贈り物を渡す時に便利です。結婚式・誕生会・還暦などのお祝い・上棟記念など様々な場面で利用することができます。中身のプレゼントだけでなく外側にも凝ることでより深く相手に感謝の気持ちを伝えることができますし、受け取り側に主催者側の存在感をアピールすることもできます。 また、個人でカフェや雑貨店を経営している場合などには、店の商品を渡す際にオリジナルの紙袋を使用することで、お店の印象付けや宣伝などの販促グッズとして用いることができます。印刷なので、一度にたくさんの加工を行うことが可能です。また、オリジナルのロゴを印刷によって活かすこともできます。その他にも、地球環境の保全のために注目を集めているエコバッグなどは、名入れ加工を施すことで自分だけのオリジナルショッピングバッグに変身させることができます。 以上のように、名入れ加工はその人の発想次第で様々な場面で活用することができます。製作においては様々な選択肢があるためバリエーションの幅が広く、費用面においても希望通りに調節をすることができます。 何かオリジナルのノベルティグッズを作りたいという人に是非、名入れ加工をおすすめします。