紙袋を捨てるタイミングについて

デパートやちょっとしゃれたショップで買い物をすると、その店のオリジナルの紙袋
に商品を入れてもらうことがある。
紙袋自体は、特別丈夫なものでも防水性が
あるといった特性があるものではない。
しかし、そのデザインが気に入ったり、あまり
行かない店なので、記念にとって置きたいなどの理由から、帰ってきてからすぐに
処分したという経験はほとんどない。
ちょっとしたものを持って行ったり、人に渡す
ときに使えるだろうとも思うからだ。
そうは思っていても、実際に取っておいた紙袋を使う機会よりも、もらってくる機会の
方が圧倒的に多い。
そこで、たまっていく一方の紙袋を整理しようと思い、特に
気に入った物を選んで後は処分しようとするのだが、改めてみると、どれも紙袋
自体は似たり寄ったりで、比べようがない。
もともととって置くつもりだったので、
ブランドやショップで区別する事も難しい。
最後は、適当に数で選んで処分するのだが、
そんなときには、いったい自分は何をやっているのだろうと考えてしまうのである。